本紹介 「完全図解 よくわかる心臓弁膜症」

名は体を表すと言いますが、、題名は内容を表す
そんな本でした!

学術的な難しい話は無く 弁膜症の知識ゼロの人でも図解と簡潔な文章でわかりやすい内容。

弁膜症の症状
手術の方法
良い外科医の選び方
術後の生活
体験談

感染性心内膜炎(心臓に細菌がつき 弁を破壊。死亡の確率も高くなる)や心房細動(心房の壁が小刻みに動く→血の塊 を作る→脳の血管をつまらせる 脳血栓) 病名は知っていたけど 病状までは詳しく知らなかったです、、、(自分が体験した弁膜症以外の病状って やっぱ無知なもんですね、、 痛感、、)

弁膜症、心臓まわりの基礎知識 はこの本一冊でOKの内容でした。2011年の出版ですが 2018年現在でも通用する本です。術前の人にとって良いガイドになるかと。

 

この本があれば ハツ手術で心臓知識 覚えなくてもいいんじゃね?と言う思いもありますが、、

弁膜症の知識ゼロの人でも図解と簡潔な文章の「完全図解 よくわかる心臓弁膜症」とは別の方向
 弁膜症の知識ゼロの人でも心臓手術までの道のりがわかる漫画 「ハツ手術」はそっちの方向で進めて行きたいと思ってます。