「コラム」 同じ病室の人と こーゆー交流!

同じ病室の人と交流すると 良いですよ!
それは何故か?

スポンサーリンク
「手術への不安が和らいだ」

自分の体験として 同じ病気の人との会話が 入院 !手術直前!!の「怖さ」を 緩和してくれました。
手術を体験している人の話 これから弁膜症の手術をする人 共感する事で「自分だけ何故 心臓の病気に?」から 「自分だけじゃないんだな 心臓の病気!」と心がちょっとだけ前向きになった事を覚えてます。

同じ病室の人と交流  シメノの場合。

自分の場合 当時 積極的に話をする 性格でもなく、、ある きっかけで同じ病室の人と交流をとる様に。

きっかけは 14話にて

自分の場合は アキノさんでした!

病院同じではあるも 皆 別の病状 別の日常

当たり前ですが皆 僧帽弁閉鎖不全症で入院している訳ではなく、、アキノさんも「なんだ?その病状?」てな感じで 自分もアキノさんの病状は知らず。

※後に「心筋緻密化障害」とアキノさんの奥さんに教えてもらうのでした。

日常の話では大工をやってるなんて話を聞いたり。

漫画では省略しましたが「鴨川で友人の別荘を建てた」なんて話を聞きました。

数年前 大腸癌を患ったなんて話を軽い感じで話したり、、、

人工肛門と言うのは聞いたことがあるけど 実際見たのは初めてで。
見る前は 人工的な肛門を肛門付近につけるモノ なんて思ってました。

自分の浅知恵ぶりが恥ずかしい、、、

心臓病に癌、、もし自分だったら愚痴に不満をぶちまけているかと。
しかし 悲観的なアキノさんの顔は一度も見る事は無く。

病気の先輩として

アドバイスを貰ったり。
で 教えて頂いた事が

「迷言だ、、、」

なんて術前は思ってましたが

術後は「名言っつ!」「名言だ!!」と様変わり。

アキノさん「痛いの我慢する」は名言ですよ!!!



 

独り悶々と暗くなるはずの入院生活を 面白く過ごせたのも 同じ病室の人との交流があったからだと思います。
(悲観的な話をしない アキノさんの明るさに助けられたと言っても過言では無いです!)


と。ゆー事で
出会いに照れず 同じ病室の人と交流する事 お勧めします!

出会いに照れず色々 交流。星クズ、彗星、キラ星まで。

 

スポンサーリンク