心臓手術してみて。語ってみて。

弁膜症手術までの様子を 2話にわたり 漫画で描いてみましたが
今回は文章にて書いて行こうと思います。

 

手術をしたのは もう何年前の話だ、、、

 

と思うも
あの頃の記憶は 先日の事の用に憶えていて、、、


スポンサーリンク
心臓仲間の人達も手術前後の話は皆  前日に起きた事の様な語りぶり!
心臓手術は人生において重大な1日である!って事は間違いありません。

手術室まで。

薬で不安はそれほどもなく。
手術室まで運ばれるベットから見える風景は

どこかで見たベタなシーン。
手術した人によっては

病室で眠ってしまう人
運ばれる途中で眠ってしまう人

など様々 自分は手術室まで覚えています。

ベタなシーンを体験する中 驚いた発見が。

手術室は寒い、、、、

気持ちのせいかと思いきや 室温は23度。

カムバックハートさんのブログにもその事は描かれてました。
心臓手術の事を別の視点で知りたい人は
カムバックハートさんの記事

心臓手術見学記

をお勧めです!

そして麻酔を打たれ、、、

声が歪み だんだん息が苦しく、、まるで溺れる用、、意識が無くなり

3秒後、、、

体感的には 一瞬で手術は終わってた、、、

痛みもありましたが 体に漬物石が「ズーンと圧してる感覚」の方が大きかったです、、、

手術室からICU(集中治療室)への移動。

いつの間にか

ありとあらゆる場所に管や線が刺さってたとは、、、
※何処に何が刺さってるかは 詳しく19話にて。

モヤモヤとザラザラの暗い風景。

次の朝が来るまで こんな風景がズーっ続くのでした。

実際は明かりが着いてたかも?でも自分の目にはこんな風景。
モヤモヤ ザラザラ 時間はボンヤリ この世とあの世のハザマのような、、、

心臓手術した人のそれぞれの主観を知りたい気もします!

 

スポンサーリンク