コラム ハツ手術を描き終えて。

2年半 描き続けた 心臓手術マンガも終わりました。

しかし!

マンガは終われど 人生は続く訳で・・
心電図の様に日々の生活は上へ下へ。
ある日 日常がズーっと平坦になった時
人は物語を終えるのだど思います。

こんな風に人間喜劇は世代を超えて永続していく。
荷馬車を西へ砂漠をこえ・・
映画ビック・リボウスキより
(この映画のラストどんだけ真似したかった事か、、、)

しかし!!

世代も超えるのはまだ先の話
自分の心臓は現在でも絶賛鼓動中。
今回は『ハツ手術その後の話』を
コラムでお伝えしようと思います!

 

術後のその後

ハツ手術最終話・・ おさまりの良い感じで終わらせましたが
良い物語とは違い 分が悪い事もあるのが人の日常!

下心で封印した下描き(ネーム)をお蔵出し。
その後を話を
進めて行きたいと思い〼。

退院直後 父親と揉めて 前金の5万円以外 自分で入院費を払う事に、、、

 

そして 休職してた時期のお金を貯金でまかなう事に、、、
保険金 見舞い金 貯金で借金せずに過ごせたのでした。

2020年 現在 父母とはコロナ禍にて会えない日が続いてますが
食べ物の詰め合わせを定期的に送って貰ったりと。

親孝行をする時分なのに と思いつつ過ぎて行く日々です、、

心臓 その後

2012年 手術後 薬(バイアスピリン)を1年程 服用。
現在 心臓の為の薬は飲んでおらず。

その後は先生の言うと通りに。(忘れすぎて羽目を外す事も・・)

しかし人によっては弁形成でも薬を続ける人もいたりと様々です。

現在でも定期健診は9か月に一回くらい。 毎回検査で7千円ほど。
術後8年 問題なく過ごしてます!

しかしコレも人様々で 再手術をする人もいれば 血栓が飛んで脳梗塞になる
方もいたりと。同じ手術なのに それぞれのその後も様々な事に。
自分は脳動脈瘤の手術をしたりと。

南淵先生と深津さんの事

 

この漫画が完成出来たのも お2人の監修あってこそです。
ネーム(絵コンテ)を往復書簡の様なやり取りでの赤ペンチェック。

手術に診察と忙しい中 負担になってるのでは?なんて思いつつも
コチラの進行は遅れてるのに  チェックは迅速にて正確。

診察の時には 自分の漫画についてのアドバイス や今の自分に
会うお勧めの映画や本を紹介していただいたり
術後もお世話になりっぱなしです。

このコラム「その後」を描くに至ったのも南淵先生の提案だったりと

この場をかりてお礼を。
南淵先生 深津さん ありがとうございます!
定期検診の日 また楽しみにしてますっ!

シトミさんの事

南淵先生に「漫画の中に出てきた彼女とはその後 どーなったの?」
そーいえば その後が書かれてない、、、

退院直後

へべれけで・・

手術した事を忘れるような生活になるのと
自分勝手な生活は違うのですよ・・

人の想いは忘れるな・・

術後をきっかけに一緒に住む事になりまして。

彼女とは 2014年に結婚

その年はアキノさんお勧めの奥入瀬渓流へ旅行したりと。
(25話の続きは 番外編として描こうと思ってます。)

現在も夫婦として日々一緒に過ごしてます。

中々 望んだ方向には辿りつけず 曇り顔の多い自分とは違い
「どうってことないよ!」
と思わせる 奥さんの 機嫌の良さ 気前の良さに
何度 助けてもらった事か。

この場を借りて照れずに。

シトミさんありがとう!

 

漫画の事

術前に作成していた

スポンサーリンク


この漫画。完成させました!

刀を何年も作ってない刀鍛冶と

屋台の味が評判で店を任される事になる蕎麦打ち娘。
自分と店の主人との間で味の意見が割れる。
刀鍛冶も昔 同じ様な境遇で刀が打てなくなってしまった。
蕎麦打ち娘のとった行動は?

数社へ持ち込み コピーを友人に読んでもらう事に

評価は?

「言いたい事はわかるも 構成が下手!」


伝えたい事を詰め込み過ぎ 時間をかけ過ぎ こねくり回して  話の繋がりが滅茶苦茶に・・
自分では名作 傍から読めば迷作
まんが道 ドコへ進んでるのやら、、

この漫画の断片はハツ手術にも繋がるのでした。

週刊江戸(580円)を毎週買い続ける事、、、2年、、
作品は今後の戒めとして封印。
挫折してハツ手術の執筆に集中するのでした!

閑話休題。

心臓病で出会った人達の事

現在でも交流のある人
実際には会わずSNSでの交流の人も。
自然と疎遠になってしまった人
もう居なくなってしまった人も

当初 突然の心臓弁膜症の手術
そのショックたるや、、、

その後は
この病気を機に普段では出会えなかった人達
とも会え、当たり前すぎて気づかない 人の歩みを
実感する機会にも沢山出会いました。

心臓弁膜症の手術は

人生の縦軸に 横幅を広げてくれた出来事でもあります。
禍福は糾える縄の如し!

ハツ手術 一旦おしまい。

南淵先生 深津さんの監修の他にも沢山の人に協力してもらいました。

一人じゃサーバー  ワードプレスの使用など出来ませんでしたよ!

心臓病仲間との集まりがこの漫画を描く理由の一つにもなりました。

漫画を更新する度に感想を貰い 次の話へのモチベーションに!

練習後 一言ブログのヒントを。 帰り道 工夫とはどーゆー事かを考える日々に!

SNSで知らない方から感想を。伝わってる事を確認する出来事でした。

投げ銭システムを導入 入金は知ってる人達!支えられてる事を実感しました。

各ジャンルで未だ現役 で活躍している姿 に元気貰ってます。

この世からいなくなってしまって もう あなた達とは絶対会えないのだと。思い出を振り返る度 自分の立ち位置 歩む方向 再確認していますよ。

協力してくれた 色々な人に有難うございます。

様々な本の巻末には いつも 結びになる同じ様な言葉。
「ワンパターン!」と思いつつも 自分がいざ書いてみると
そーゆー風に書かざるを得ない!そーゆー心情になってしまうんだと実感しますね。

そして ここまで読んでくれた皆さん 

いきなりこのコラムから読んでないですよね?そーゆー方ははじめから是非っ!
立ち上げ当初から読んでくれてる方
一気に読んでくれた方。

最後まで読んでくれたと言う事は
自分の体験を通して描いた事が伝わったのかなと。

だとしたら このブログの役割は無事 果たせたのだと思います。

病気のブログだけではなく パニック映画 恋愛小説 ホラー漫画 などなど。
世にある様々な物語は未来の予測できない状況の予防薬かと思います。

この漫画も様々な物語の中の一節に参加できていればいいなーと。

最後までありがとうございました!

※蛇足になりますが 番外編 新作も準備してい〼

スポンサーリンク